<会社説明>

中央精密では、CNC自動旋盤を使用した各種金属精密部品・製品(工作機械部品、自動車部品、
建設機械用部品、油圧・空圧機器部品、貴金属計測・補修工具等)を製作・販売しております。
φ3〜34までの複合加工を含む高精度加工を得意とし、量産品からスポット生産・試作まで
幅広く承ります。
また、ご要望に応じて熱処理・表面処理、研磨加工までフォロー!
お客様や協力企業とのパートナーシップを重視し、確かな技術と小回りの利く心のこもった対応で
安心・満足な製品を提供します。

<概要>

  • 商号
 : 中央精密株式会社
  • 創立者
 : 加藤干一
  • 創業
 : 昭和31年10月 中央精密製作所
  • 設立
 : 昭和49年4月 中央精密有限会社
  • 資本金
 : 500万円
  • 代表者
 : 代表取締役 加藤勝也
  • 従業員数
 : 12名
  • 事業内容
 : 精密自動車部品 OA機器部品 貴金属計測・鑑定工具等の製造販売
  • 所在地
 : 三重県桑名市中央町4丁目13番地
  • 取引銀行
 : 東海銀行桑名支店 百五銀行桑名支店 大垣共立銀行桑名支店
  • 主要取引先
 : 樺部テプロ 服部精密梶@ゼロ精工梶@石光工業梶@
    藤田螺子工業梶@叶ツ山製作所 竃セ工舎製作所 他


<沿革>

  • 昭和31年
  桑名市中央町にて時計部品の製造を開始
  • 昭和41年
  カム式自動旋盤SJ−8R(スター精密製)を導入
  • 昭和43年
  オルゴール用精密歯車の製作を開始
  • 昭和48年
  全自動ホブ盤を導入、メトロノーム用ピニオンの製造を開始
  • 昭和49年
  法人組織の改め、「中央精密有限会社」を設立
  • 昭和54年
  NC自動旋盤JNC−15を導入
  • 昭和58年
  複合型CNC旋盤シンコムE32(シチズン時計製)を導入
  • 平成元年
  ABS部品の製造を開始
  • 平成5年
  圧力調整用油圧ポペットの焼入、研磨完成加工を行う
  • 平成20年
  有限会社から株式会社に組織変更し、「中央精密株式会社」とする
  • 平成24年
  品質マネジメントシステム ISO9001認証取得


<組織>